1. HOME
  2. 特集
  3. エンジニアに興味あるなら必ず読んでほしい。

SPECIAL

特集

エンジニアに興味あるなら必ず読んでほしい。

あなたは心の中でこんな思いを持っていませんか?

①お金を稼ぎたい
②普通の人の3倍以上の給料を貰えるようになりたい
③今の会社/上司を見てると自分の先が見えてしまう
④他人に誇れるスキルがない
⑤ずば抜けて秀でたスキルが欲しい
⑥手に職をつけたい

どうも!!セカルク代表のヨシカワです。
今回はエンジニアとしても生計を立てている私が
エンジニアになるための勉強や転職を始めようとしてる人たち」のタメになるようなことをお話ししていきたいと思います。

そうそう!私がエンジニアになったきっかけは2つ。
1つは在籍してた会社のHPがダサかったからw
業者に頼むお金がなかったので「自分が覚えて修正すればいいんじゃん」というノリで(笑)

もう1つの理由が、自分の市場価値を高めるため。
当時キャリアアドバイザーとして駆け出しだった私は「日本には自分と同じキャリアアドバイザーが何人いるのだろう?」と、ふと疑問に思ったわけです。

ググってみるとなんとその数“3万人”
「果たして自分のレベルはその中の何番目なのだろう?」「自分より10年以上のキャリアがある人には太刀打ちできん…」と不安になりましたw

その時にホリエモンさんが提唱している「100万分の1の人材になる方法」を思い出したんです(星)
(ちなみに「100万分の1」はオリンピックの金メダル級の確率です。)

ここで皆さんに質問です。
Q,野球という”1つのことで”100万人に1人の逸材になったイチローさんにあなたは勝てますか?
皆さんがどうかわかりませんが私の答えは「No」ですw

質問を変えます。そしたら
Q,どんなことでも良いので100人の中で1番になれることってありませんか?
頑張れば何か見つかりそうですよね。現在それが見つからなくても極めたら1番か2番にはなれそうなこと。

要するに『100分の1』の要素を、
自分の中で3つ見つければいいんです。3つを掛け合わせれば『100万分の1』になりますよね?

元リクルートの藤原和博さんも
1つのことに1万時間をかければ、「100人に1人」くらいの能力は得られる。
「1万人に1人」になるには才能が必要だとしても、「100人に1人」には、才能がなくても時間さえかければなれる。
とおっしゃっております。

ホリエモンさんで言うと
実業家、プログラマー、ロケット開発者、著述家、服役経験者、、とたくさんの『100分の1』の要素がありますね。それを寄せ集めれば野球じゃなくても100分の1の人材としてイチローさんとも対等に渡り合えそうですよね。

私で言うと
実業家、エンジニア、CA(キャリアアドバイザー)、RA(リクルーティングアドバイザー)、講演家、マイクロインフルエンサー、とかになるのかな?

今の時代はエンジニア?

結論から申し上げます。
お金も欲しい、スキルも欲しい人はエンジニアを目指してください。

日本の「エンジニア人口」は約109万人です。要するに日本の人口1億人超いるなかで1%しかエンジニアがいない状況です。これに対して「エンジニアの不足数」が2021年には31万人になると推測されています。(2019年 経済産業省 公表データ)

『世の中に求められる人材 = 市場価値が高い』ということになります。

市場価値が高くなるとどうなるか?
市場価値が低い人よりお金も稼げるし、
人が普通に生きていては手に入らないレベルのスキルが身につく訳です。

市場価値を高めるためにはどうすればいいのか?
答えは単純です。

普通の人が手に入れられないスキルを習得するために勉強なり転職なりを今すぐ始める事です。これに尽きます。
シンプルですよね。
過去は変えられない。現在も変えられない。
どうすればいいか。
未来を変えるしか方法はありません。
今、お金がないことも、スキルがないことも
全てはあなたのせいです。

たとえ親や友達が原因で、自分ではどうすることもできないほどの不可抗力が働き現在の人生になってしまったとしても、あなたの責任です。酷な言い方かもしれませんんが紛れもない事実です。現実から目を背けてはいけません。

私の周りには地獄から這い上がって
成功されている経営者がたくさんおります。

世の中の理不尽や不条理に耐え、貧乏で虐待される家庭で生まれ育ちながら、その逆境を打開するために頭を使い、行動し人より努力して理想の人生を切り開いてこられた方も見てきました。

平均点な会社員が絶対取らないような逆張りの行動を敢えてしてみると意外にリターンが大きかったりします。
もっと話を聞きたい、転職相談したいという方は弊社のホームページから私ヨシカワ宛にお気軽にご連絡下さい。(https://sekaruku.co.jp)人生相談なり転職相談なり私でよければなんでも話は聞くしアドバイスしますよ!魚はあげませんが魚の釣り方なら教えますよ!(質問の答えやお金を渡しても何の解決にもなりませんので、質問に対するヒントやお金の稼ぎ方なら教えるという意味です。)

そして今すぐ勉強を始めたい人はプログラミングスクールに通ってください。今日変わらなければ明日も変わりませんし、今日と同じ明日を送ったら明後日も同じ人生が待ってます。今日も明日も変えましょう。1年先5年先10年先の理想とするライフスタイルのために。

エンジニアスクールに関してはまずは無料で説明会を受けられるようなスクールが良いでしょう。
YouTubeの広告で最近よく見かけるテックキャンプとかだと最初から100万円とかかかってきます。100万円以上するところだと、いくら自己投資、先行投資と言っても高すぎるので月額制で1万円とか3万円とかで無理なく続けられるところがオススメです。いつでも気に入らなければ止められる(リスクヘッジ)のもポイントですね。

たとえばウェブカツさんとか良いと思います。SNSでも口コミNo,1のスクールで、年収1000万円を本気で稼ぎたい人のためのプログラミングスクールと掲げていてるのが印象的です。

あ、お伝えし忘れていましたが、実はプログラミングをできるようになるだけでは稼げません。事実、僕より有能なエンジニアの人が僕より稼いでいないことも良くあります。

プログラミングスキル以外にもネットワーク、フロントエンド、セキュリティ、営業スキルなどなど様々なスキルが必要なんです。何が言いたいかと言うとこのスクールでは営業とかのマルチなスキルも磨けるっていうところもポイント!ウェブカツの代表さんが年収1000万円を稼ぐことに成功した経験を元に作られた独自メソッドで「稼ぐためのスキル」をまんべんなく磨くことができるスクールっていうのが一番気に入りました。

実際に私の話を聞いて心を入れ替えてエンジニア業界に転職する際に、「どこかオススメのスクールは無いか」と聞かれたのでリサーチして損得なくウェブカツさんをオススメしたら半年後に「通ってよかった」と大満足そうに連絡くださったので個人的に間違いないと思ってるスクールさんですね。

仮入部とかもやってるのでエンジニアスキルを身につけたい人は是非チャレンジしてみることをオススメします!


さいごに

「これしかやったことないから」と自分の可能性に蓋をせず、思い切ってキャリアや経験を捨ててでも(損切り)、異業種にチャレンジしてみることをオススメします。

世の中は今、エンジニアを欲しています。
統計データでも公表されているので事実(ファクト)です。世の中が欲している(ニーズ)わけです。そのニーズに合わせていくことが人生を好転させる近道になります。

これまで自分の自我で好き嫌いで仕事選びをしてきてませんか?「好き」「できること」「世の中から求められている事」この3つの掛け算で自分のキャリアや職を探さないと失敗します。

ダンスが好き、ダンスが得意、、、
でも有名な歌手、たとえばレディガガのバックダンサーレベルじゃないと世の中から求められなかったらご飯を食べていくことはできませんよね。

あなたの目的が一番にスキルやキャリアアップ、お金を稼ぐことなのであれば自我を捨てて市場(世の中)に合わせていくことです。
そこから初めて道が拓けます。

最近の記事一覧